[初心者向け]最新版Googleアナリティクスと「GA4」設定方法

2020年10月14日、Google Analyticsが「Google アナリティクス4 プロパティ(GA4)」として公開されました。そのため世間は右往左往しておりますが、今回初めてアナリティクスを設置するという初心者の方にとっては「以前」も「今」も関係ないと思います。

ということで、ここでは「GA4」とは何なのかという説明は省き、サラっと「GA4」と「じゃない方」両方を設置する方法を書かせていただきます。

 

「Google Analytics」 とは、Googleから提供されたアクセス解析です。

Google Marketing Platform

Introducing Google Marketing Platform, a unified marketing a…

 

非常に多岐に渡るアクセス情報をユーザーに提供し、サイトの情報をメールでお知らせまでしてくれて、しかも無料!!

Google先生のご機嫌に一喜一憂するサイト管理人にとっては、使わないという手はありません。

Google Analyticsの登録・設定方法

Google関係といえば英語圏だし、設定もトラッキングコードが何ちゃら面倒くさそう……

と思われるかも知れませんが、やってみれば案外簡単です。

1.Googleにログインした状態で「google Analytics」にアクセスします

Google Marketing Platform

Google アナリティクスには、ユーザー像を詳しく分析するうえで必要なツールが揃っており、そうしたツールで得られたイン…

すべて無料なので安心して「無料で利用する」をクリック

2.アカウントを作成します

アカウントは自分が分かれば良いだけなので、名前でも何でも良いです。

[初心者でも簡単]Googleアナリティクスの設定方法

 

他はザっと目を通して、チェックはそのまま「次へ」

初めての方は、この画面は出てこないと思うのですが、もしも出てきた場合は「ウェブ」にチェック。
[初心者でも簡単]Googleアナリティクスの設定方法

3.プロパティを設定します

フォーマットにはGA4の作成フォームしか表示されていないので、中ほどに薄く青で書かれた「詳細オプションを表示」をクリック。

 

Googleアナリティクスと「GA4」設定方法

 

ユニバーサル アナリティクス プロパティは、Google アナリティクスの従来のバージョンで使用されている、ウェブ測定の機能です。これからアナリティクスの利用を開始される新規のお客様には、ユニバーサル アナリティクス プロパティの使用は推奨されていません。また、このプロパティはアプリ測定には対応していません。このオプションは、ユニバーサル アナリティクス プロパティを作成する必要がある場合のみ、オンにしてください。

 

と書かれた警告のような表示が出てきます。でも、右側のボタンを右に(青に)ずらして確定。

Googleアナリティクスと「GA4」設定方法

 

サイトURLを登録し、

「Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクスのプロパティを両方作成する」

か、

「ユニバーサル アナリティクスのプロパティのみを作成する」

か、どちらか選択します。

お薦めは現在と将来の事を考えて、両方作成すること。

 

サイト名を入れ、URLを「http」「https」から選択し、「://」以降からアドレスを入力します。

「業種」は適当で大丈夫です。

利用規約への同意書が現れるので同意にチェックして「同意」をクリック。

 

この内容に「ユーザーのアクセス履歴を取得するのでプライバシーポリシーに記載するように」、という事も書かれています。
メール配信に関しては、好きな所にチェックしてください。
「アクセスが落ちてるよ」など教えてくれるメールが届きます。
[初心者でも簡単]Googleアナリティクスの設定方法

4.トラッキングコードをブログに貼る

アドレスなど全て入力してプロパティの作成が完了すると、コードが表示されます。

Googleアナリティクスと「GA4」設定方法

 

Cocoonなどの高機能テーマにはアナリティクスコードを貼るフォームがあります。All In One SEO Pack などにもコードを書き込む欄があります。しかし

しかし、「G-×××」で始まるGA4コードはそこには書き込んでは効かないので記入してはいけません!(2020年10月現在)

 

初めての方にとっては「なぜ欄があるのに書き込んではいけないんだ」という話でしょうが、これは以前のアナリティクスコード(UA-××× から始まるコード)を入力するところなんですね。「G-×××」はここには入力できません。

では、どこに書き入れるのかというと、

「グローバル サイトタグ(gtag.js)」をクリックして、コードをコピーし、<head></head>内に貼り付けます。

Googleアナリティクスと「GA4」設定方法

Cocoonの場合

ダッシュボードの「Cocoon設定」→「アクセス解析・認証」タブを開き、
<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>
<script async src=”http……
から始まるコードを「ヘッド用コード」の欄に全てコピーして貼り付け、「保存」します。

THE THOR(ザ・トール)の場合

「カスタマイズ」→「基本設定[THE]」→「高度な設定」
と開いて、</HEAD>直上の自由入力エリア
<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>
<script async src=”http………
から始まるコードを全てコピーして貼り付け、保存します。

通常のサイトの場合

HTMLファイルをいじれる無料ブログ、またはホームページの場合は、<HEAD>~</HEAD>内(多くのWordpressテーマの場合は「header.php」)に貼り付けます。

なお、上記の選択で「ユニバーサル アナリティクスのプロパティのみを作成する」を選んだ方はCocoon設定やTHE THORカスタマイザー、All In One SEO Pack などのアナリティクスコード欄に「UA-×××」から始まるコードを書き込んでOKです。

 

設定はこれで終わりです。

UA-から始まるプロパティとGA4のプロパティと両方入っていますね。

Googleアナリティクスと「GA4」設定方法

 

「ホーム」を開くと解析ページが表示されます。

過去のアクセスは解析してくれないので、設営したその時からの解析になります。

続けてGoogle Search Console の設定へ

 

続けてサチコの設定に移りましょう。

関連記事

「Google Search Console」 とは、Googleから提供されたサイト管理システムです。[blogcard url=https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja[…]

[初心者でも簡単]Googleサーチコンソールの設定方法

いつでも代行させていただきます

WordPressやブログやサイトを立ち上げたら「Googleアナリティクス」と「Google サーチコンソール」とやらいうものを登録しなければならないらしいけれども、よく分からなくて面倒くさい。

誰かに代わりにやってもらいたい。

自分でやってみたけれど、上手く行かなかったから続きをやってほしい。

という方、ご安心ください。登録代行いたします。