アナリティクスGA4 の開設とUAからのタグ移行方法

GA4はまだまだ使いづらいので、ユニバーサルアナリティクス(UA)と両方開設して連携し、UAの方を主に使っていきましょう。などと言っていたのは昨年の話。

この度、Googleさまはついに2023年7月1日でUAのサポートを停止、GA4に完全移行すると発表されました。

もう、使いづらいからGA4は まだいいや、と言っている場合ではなくなったのです。

ここでは今までUAのみを設置していた方へのタグ移行方法をお伝えします。

ちなみに、GA4とUA は別物であり、データの移行は出来ません。なので、本年度のデータを残すためにはなるべく早くGA4を設置するのが賢明です

GoogleアナリティクスGA4の設定方法おさらい

これから一からGoogleアナリティクスというものを開設する。という方は、基本的には下記のページ「最新版AnalyticsとGA4設定方法」をお読みください。昨年書いた記事ですが、基本的には何も変わりません。

関連記事

2020年10月14日、Google Analyticsが「Google アナリティクス4 プロパティ(GA4)」として公開されました。そのため世間は右往左往しておりますが、今回初めてアナリティクスを設置するという初心者の方にとって[…]

[初心者向け]最新版Googleアナリティクスと「GA4」設定方法

以下にも一応簡単に書かせていただきます。

これから新たにGA4アナリティクスを開設・設置する場合

1.Googleにログインした状態で「google Analytics」にアクセスします

Google Marketing Platform

Google アナリティクスには、ユーザー像を詳しく分析するうえで必要なツールが揃っており、そうしたツールで得られたイン…

2.アカウントを作成します

アカウントは自分が分かれば良いだけなので、名前でも何でも良いです。日本語OKです。

他はザっと目を通して、チェックはそのまま「次へ」

アナリティクスGA4 の開設とUAからのタグ移行方法

3.プロパティを作成

「最新版AnalyticsとGA4設定方法」には、ここで「詳細設定」を押してUAとGA4と両方作りましょと書かせていただきましたが、あと1年で終わるUAをわざわざ今から開設するのもな……と思っています。

必要な方は「詳細オプションを表示」をクリックすれば、今からでも両方開設できます。

Googleアナリティクスと「GA4」設定方法

必要事項をすべて入力して送信し、利用規約への同意書が現れるので同意にチェックして「同意」をクリック。

データストリームから「ウェブ」を選択します。

アナリティクスGA4 の開設とUAからのタグ移行方法
アナリティクスGA4 の開設とUAからのタグ移行方法

開設はこれで終了です。

下の項目は飛ばして、「gtag設置方法」へ。

すでにUAを開設済みでGA4に切り替えろという警告が出ている方

すでにアカウントをお持ちで、アナリティクスUA画面上部に「Google アナリティクス 4 プロパティに切り替えろ」という警告が出ている方用の設定方法です。

その中にも3種類の方に別れます。

右上「開始」をクリック

アナリティクスGA4 の開設とUAからのタグ移行方法
ここから方法が3つに分かれます。

  1. GA4を初めて開設する方
  2. UAをWordpressテーマなどの機能で 「UA-××××××」のみ記入して設置していた方。
  3. UAを元々 gtag.js をコピペして<head>エリアに貼り付けて設置していた方。

1. 初めてGA4を開設する方は「作成する」

初めてGA4を開設する方は、「新しいGoogleアナリティクス4プロパティを作成する」「はじめに」ボタンから、開始します。

アナリティクスGA4 の開設とUAからのタグ移行方法

開始ウィザードが立ち上がる

「プロパティを作成」をクリック

アナリティクスGA4 の開設とUAからのタグ移行方法

サイトの情報登録はUAの方で済んでいるので、たったこれだけで接続されます。

下の項目は飛ばして、「gtag設置方法」へ。

2. UAをWordpressテーマなどの機能で 「UA-××××××」のみ記入して設置していた方

以下の画像のようなことです。

アナリティクスGA4 の開設とUAからのタグ移行方法

これはテーマによって違うと思うのですが、こういう形でアナリティクスを設置していても大丈夫なテーマもあると思います。

「既存のGoogleアナリティクス4プロパティに接続したい」「既存のプロパティ」を選択できる方は下の

 

UAを元々 gtag.js をコピペして<head>エリアに貼り付けて設置していた方

へ、飛んでいただいて大丈夫です。

「既存のGoogleアナリティクス4プロパティに接続したい」「既存のプロパティ」を選択できない方は上の

「初めてGA4を開設する方は「作成する」」

と同じなので、そちらからどうぞ、
アナリティクスGA4 の開設とUAからのタグ移行方法
アナリティクスGA4 の開設とUAからのタグ移行方法

3. UAを元々 gtag.js をコピペして<head>エリアに貼り付けて設置していた方

「開始をクリック」した後、「既存のGoogleアナリティクス4プロパティに接続したい」へ。「既存のプロパティ」を選択して接続します。

アナリティクスGA4 の開設とUAからのタグ移行方法

UAを元々 gtag.js をコピペして<head>エリアに貼り付けて設置していた方は、これだけでもうGA4を認識します。何もやる事はありません。終了です。

グローバル サイトタグ(gtag.js)をサイトに設置

タグが発行されていますので、これをサイトの<head>内に設置します。

1.GA4の「データストリーム」をクリック

2.「新しいページ上のタグを追加する」をクリック

ちなみに、アナリティクスのGタグは貼らない。タグマネージャーを使うという方は、右上の「G-」から始まるIDを控えて下さい。

Googleアナリティクスと「GA4」設定方法

タグをコピーします。

タグの設置場所は

  • Cocoonの場合 「Cocoon設定」→「アクセス解析・認証」「ヘッド用コード」
  • THE THOR(ザ・トール) 「カスタマイズ」→「基本設定[THE]」→「高度な設定」
  • SWELL 「外観」→「カスタマイズ」→「高度な設定」
  • Luxech 「Luxech」→「子テーマの編集」→「アクセス解析(head)(body)」
All In One SEO packプラグインの場合は「一般設定」→「Webmaster Tools Verification」のアナリティクス欄へ。
テーマの機能で設置場所がない場合は、header.php ファイルを編集する必要があります。詳細は「タグマネージャー」開設方法のページへ。

計測されていることを確認

GA4は開設した当日はデータが反映されません。が、リアルタイム計測だけは動いているので、タグがきちんと有効になっているか確認するために見てみましょう。

Googleタグマネージャー(GTM)の開設・設定とアナリティクス連携方法

GA4を開設したい・タグを確認して欲しいという方のご依頼をお待ちしております